納豆の効果って何?凄すぎる栄養!美肌や老化防止にもきく!


日本人の健康食として、納豆は、多くの人に食されてきました。

納豆には、カルシウムやビタミンなどカラダに必要な栄養がたくさん含有されていて、ご飯にとてもよく合って、美味しいですよね。

健康の事を考えて、毎日、食べる人も多いでしょう。

しかし、納豆には、プリン体が多く入っていて、痛風になる可能性が上がるとか、カロリーが高くて、太り易いなど、納豆のよくないところもあるようです。

どんな食べ物でも、食べ過ぎてしまうのは、良くないですよね。

それでは、何パック食べると、食べ過ぎになってしまうのか?

又、痛風や太ったりする原因になるのか?など、あまり知られていない納豆の良くないところもおさえつつ、納豆のカラダにいい効果について、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

納豆の効果と栄養について

納豆は、カラダに必要不可欠な栄養がバランスよく、入っていて、整腸効果や美肌効果があり、毎日の疲れを回復する、優れものの食べ物なんです。

ビタミンB郡について

豊富に入っている、ビタミンB郡によって、細胞の成長や促進に期待出来ます。

例えば、

  • 健康的な皮膚や髪が作られる
  • 疲労回復に役立つ
  • 眼精疲労に効く

などの効果があると言われています。

又、摂り過ぎても、尿として、対外に出されるので、カラダに害がないんです。

ナットウキナーゼのパワー

ナットウキナーゼは、納豆にだけガン含有される栄養素で、血栓を予防して、血液をサラサラにある効果があるとされます。

血液がサラサラになる事で、心筋梗塞や脳梗塞などを予防すると言われています。

又、免疫力を向上させる働きもあります。

血栓は、夜から朝に出来易いので、就寝前に食べると特に効果的と言われています。

ポリアミンのパワー

ポリアミンは、細胞の再生に必要なもので、新陳代謝や老化防止になると言われています。

若いうちは、カラダの中で、ポリアミンが作られるのですが、年とともに、ポリアミンを作る能力が落ちてきてしまいます。

そこで、納豆などのポリアミンが豊富に入っている食べ物から、ポリアミンを摂る事が不可欠になってくるでしょう。

細胞の再生がしっかりとされる事で、肌のシミ・そばかすなどを予防すると言われています。

納豆レシチンのちから

納豆レシチンには、毒を外に出す効果があります。

デトックスをする事で、

  • にきび、シミを予防する
  • 肌荒れを改善する

などが期待出来ます。

食物繊維のパワー

納豆には、たくさん食物繊維が入っています。

食物繊維は、腸の中をきれいに保つ効果があって、便秘の防いだり、肌を健康的に保つ事が出来ます。

イソフラボンのパワー

大豆に入っている、イソフラボンには、女性ホルモンのバランスを保持する効果があり、それによって、乳ガンの予防にもなると言われています。

又、更年期障害などにも予防効果があると言われています。

カルシウムのパワー

豊富なカルシウムが入っている為、骨を強くし、健康的に保つ効果があると言われています。

又、カルシウムは、吸収され辛い成分なのですが、納豆の場合、たくさんのタンパク質がカルシウムの吸収を助ける為、とても優秀な食べ物です。

納豆の食べ過ぎは、太るって、本当なの?

太るのは、本当なのか?

納豆のカロリーは、100g当たり200kcalぐらいです。

ちょっと、高いですよね。

ご飯は、100g当たり、約170kcalぐらいなので、ご飯より高いです。

ただ、1回に、食べる納豆の量は、1パック50g程度なので、カロリーにすると、100kcalです。

30分間ぐらい歩くだけで、消費してしまうカロリーなんです。

納豆でなくても、たくさん食べ過ぎると、太りますが、1日に、1、2パックなら、殆ど影響はないでしょう。

納豆を食べる事による長所の方が多いと思います。

痛風なるって、本当なの?

納豆を食べると、痛風になり易いなんていう噂があります。

これは、納豆に入っている、プリン体が豊富な事が原因でしょう。

納豆は、100g当たり115mgのプリン体が入っているとされます。

牛肉が100g当たり70mgという事を考えれば、かなりの量入っていますね。

1回に食べる納豆の量は、1パック50g程度なので、プリン体は、約57mgぐらいです。

痛風患者のプリン体摂取制限は、1日400mgと言われているので、1日1、2パックであるなら、大丈夫でしょう。

又、外国の研究によると、植物性たんぱく質は、痛風の危険を高めないといった、研究結果があるそうですので、痛風になるのは、考えにくいでしょう。

食べ過ぎてしまうと、嘔吐するって、本当なの?

これは、納豆に入っている、セレンというモノの事を言っているのだと思われます。

セレンは、抗癌作用や細胞の老化を予防する効果があるとされる成分なんです。

過剰に摂取した場合に、中毒を起こしたり、嘔吐などの症状が出る事もあるようです。

納豆2パック程度までなら、心配する必要は、ないと言われています。

スポンサーリンク

食べ過ぎには、注意が必要

どんな食べ物にも言えるんですが、偏食は、よくありません。

1つの食べ物を食べ過ぎてしまうと、害があったりします。

納豆は、1日2パック程度、食べるぐらいなら、弊害は、殆どなく、長所の方が多いでしょう。

効果的に納豆を食べる!

納豆を食べる時に、知っていおいた方がいい、効果的に納豆を食べる方法は、どういったものでしょうか?

ナットウキナーゼは、火を通すと弱い

血をサラサラにする効果があると言われる、ナットウキナーゼですが、欠点は、熱に弱い事なんです。

70度程度で、効果がなくなってしまうとされています。

なるばく、納豆は、火を通さないで、食べた方がいいでしょう。

賞味期限が切れそうな納豆を食べよう!

納豆は、発酵が進んでいくほど、栄養・効果が上昇していきます。

なので、賞味期限が切れそうな納豆を食べるの事が、最も効果があると言われています。

冷凍してみよう!

納豆は、3パック1セットで、たいがい、販売されていますが、毎日のように、買いにいくのは、面倒ですよね。

オススメなのが、冷凍保存なんです。

何を隠そう、納豆は、冷凍保存が出来る食べ物でして、冷凍したとしても、納豆菌は死滅することなく、栄養が失われないのです。

ですので、たい入して、冷凍保存しておいてもいいですね。

ただ、解凍する時は、冷蔵庫で、ゆっくり、するようにした方がいいでしょう。

電子レンジであっても、納豆菌は死滅しませんが、ナットウキナーゼなどの一部の効果がなくなってしまう事があるからなんです。

あと、スーパー等で、売っている納豆も美味しいですが、国産大豆を使用した納豆は、本当に大豆から拘りぬいた納豆は香りが全然、異なります。

夜に食べるのがいいって、本当なの?

納豆は、朝食の献立の定番という印象もありますが、色々な栄養価がありので、「いつ食べてもいいのではないか?」と、思う人もいるでしょう。

しかし、より納豆の効果を上げる為には、夜に食べるほうがいいんです!

ナットウキナーゼは、夜に活性化する

ナットウキナーゼと言われる酵素は、食べてから、10時から12時間ぐらい働くと言われています。

血栓は、夜に出来易いので、夕食で、納豆を食べると、眠っている間に、ナットウキナーゼが血流を良くしてくれ、予防効果が高まります。

又、血流が円滑になるので、美肌効果も期待出来ます。

成長ホルモンの分泌を促進する

人間は、眠りについてから、2、3時間ぐらい経過すると、成長ホルモンを分泌します。

この時間が、肌にとって、とてもいいんですね。

納豆には、アルギニンというモノが入っていますが、これが成長ホルモンの分泌を促進します。

その為に、夕食で、食べた方がいいでしょう。

この他にも納豆に入っているビタミンB2が細胞の再生を促進したり、ビタミンB6が皮脂分泌を促したり、食物繊維が成長作用を働かせたり、カリウムが浮腫みを解消するなど、色々な効果が期待出来るから凄いですよね!

毎日、夕食に納豆を食べる事を習慣にしたいですよね。