コラーゲンは、ホントに効果があるのか!?最適な摂取方法と食べ物


コラーゲンを摂った方がいいって、言われるけど、コラーゲンって、どんなものなんでしょうか?
コラーゲンを効率的に、摂りたいけど、どんな方法がいいのでしょうか?

コラーゲンのある事は、知っていても、それがどういったものかまでは、しっかりと理解している人は、少ないのかもしれません。

この記事では、コラーゲンとは、いったいどういうものかだとか、コラーゲンの摂取方法やより効果を得られる方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コラーゲンって、いったい何?

コラーゲンの特徴とは?

コラーゲンとは、皮膚などを作るタンパク質の一種なんです。

タンパク質の中でも、とりわけ、弾力性があって、細胞間を結ぶ働きがあると言われています。

人のカラダの中のタンパク質の内、およそ30%は、コラーゲンがあり、人のカラダを作るのに、不可欠なモノだと言われています。

コラーゲンは、セラチン、にかわの原料として、動物や魚の骨にも入っていて、昔から食材としても、身近にあります。

コラーゲンがたくさん含有される食べ物には、鶏の手羽先、フカヒレ、レバー、すっぽんなどがあります。

コラーゲン・コラーゲンペプチド・ゼラチンとの違い

コラーゲンは、そのままでは、水に溶けにくく、消化に時間がかかってしまう為、一般的には、健康食品には、消化し易いように、加工がされ、入っています。

コラーゲンを消化吸収し易くする為、水を加えて、火を通して、抽出、精製したものが「ゼラチン」と呼ばれるものです。

ゼラチンを酵素分解をして、分子量を小さくし、さらに消化吸収し易いものにしたが「コラーゲンペプチド」と言われるものです。

コラーゲンペプチドは、水に溶け易くて、冷しても固まり辛い事から、健康食品によく使われています。

一般的に、サプリメントやドリンクなどに入っている、「コラーゲン」は、この「コラーゲンペプチド」の事が多いと思われます。

カラダの中におけるコラーゲン

カラダの中のコラーゲンの量は、20歳ぐらいをピークに、段々、減っていくと言われています。

又、量だけじゃなく、質も年と共に低下してしまうと言われていて、硬くなってしまったコラーゲンが分解されない事で、変形したコラーゲンが増加してしまうと考えられています。

コラーゲンの量・質共に、段々、低下していく事で、年と共に、肌のツヤが無くなったりして、関節や骨のカラダの悩みが増える傾向にあると言われています。

コラーゲンを摂る事に、本当に意味があるのか?

それでは、コラーゲンを口から摂る事について、書いていこうと思います。

コラーゲンは、多くのマスメディアで言われている、「コラーゲンは口から摂っても、意味がない」と言われる場合があり、気になる人もいると思います。

コラーゲンは、口から摂っても、分解されて、アミノ酸として、体内に吸収されると言われているので、コラーゲンとしての効果が期待出来ないと言われる事があるんです。

コラーゲンを口から摂る事については、諸説あり、今の段階では、効果がきちんと証明されているとは言えないでしょう。

しかし、コラーゲンは、健康を維持する為に不可欠であるとは、言えると思います。

化粧品や食べ物や飲み物でも、自分自身に合ったやり方で、コラーゲンを摂取するのがオススメですね。

普段から、コラーゲンを摂る事が出来る食材に気を配ったり、コラーゲンがしっかりと摂取出来てない場合に栄養補給として、サプリやドリンクなどを補うのがいいと思います。

健康の為には、しっかりとした食生活と適度な運動が不可欠です。

健康食品は、食生活が足りないのを補う食品とし、摂り過ぎたりしないように注意しましょう。

スポンサーリンク

コラーゲンのオススメの摂り方

ビタミンCと併せて摂る

コラーゲンを摂取する場合に、ビタミンCと一緒に摂る事をオススメします。

コラーゲンを構成しているアミノ酸が作られるには、ビタミンCの手助けが必要される為で、不足しないように、注意する事が大事です。

ビタミンCがたくさん入っている食材

  • 赤パプリカ
  • キウイ
  • レモン
  • ブロッコリー
  • ほうれん草

就る直前に摂る

コラーゲンを摂るタイミングで、美肌効果がより期待出来るのは、肌の再生力が1番高くなる22時から午前2時に摂るのがいいと言われています。

就寝前に摂る事が出来る人は、習慣にして、日々、継続するようにしましょう。

継続して、摂るのが大切

コラーゲンは、きちんと継続して、摂るのが大事とされています。

継続的に摂る事が出来るよう、自分自身の生活に合った方法で、摂り入れるようにしましょう。

コラーゲンを摂る方法は、食材、サプリ、ドリンクなど色々ありますよね。

どの方法が最も効率的かは、コラーゲン含有量、値段、方法によって違っていて、どの方法がいいかは、人それぞれでしょう。

もし、迷った時は、自分なら、どの方法が続けやすいか?を考えてみるといいと思います。

脂っぽい食べ物や糖分は、摂り過ぎないように

コラーゲンを摂る時だけではないですが、脂っぽい食べ物や糖分の摂り過ぎには、カラダに良くないですよね。

脂っぽい食べ物の摂り過ぎは、コラーゲンの合成を、低下させてしまう場合があるとされています。

又、糖分の摂り過ぎは、カラダの中のタンパク質が糖分と結びついて、分解されないで、カラダに蓄積されてしまう事があると言われるので、十分、気を付けるようにしましょう。

高齢者の代謝をアップさせる効果

激しい運動をしたりしないで、代謝を上昇させる事が出来るコラーゲンの効果は、カラダを動かすのも大変になっている高齢者には、最適な方法と言えるでしょう。

コラーゲンは、血管の強さと弾力性を保持する働きもしてくれるので、コラーゲンが減ると血流が悪くなったりして、カラダに必要な栄養素が上手い具合に運べなくなると言われています。

その結果として、新陳代謝が悪くなり、カラダの具合が悪くなっていまったりします。

こういった悪循環を良くする為に、コラーゲンを継続的に摂る事は、高齢者の人にとって、とても大切な事なんです。

生活習慣を改善しよう

紫外線対策をする

コラーゲンの減少の予防する為に、普段の紫外線対策は、しっかりとしましょう。

紫外線を浴びた時に発生する活性酵素は、増え過ぎてしまう事で、コラーゲンの生成に影響があると言われます。

紫外線は、1年中、降り注いでいるようなものなので、夏のにならず、1年間を通じて、日焼け止めクリームなどを塗るなどして、しっかりとした対策をした方がいいでしょう。

ストレスを発散しよう

過度なストレスは、健康・美容に悪影響を与えてしまう場合があるとされます。

完全なるストレスフリーで、生活をする事は、簡単ではないので、ストレスを溜め込まないように、自分のストレス発散方法を見つけて、ストレス発散をしっかりとしましょう。

ストレス発散の方法として、

  • 外で、日光を浴びる
  • 感動系の映画を観て泣く
  • 自分の好きな人と話をする
  • 時間をかけて、入浴する
  • 自分の好きな音楽を聴く

睡眠を十分とる

疲れを貯め込み過ぎず、健康的な心とカラダを維持する為にも、普段の睡眠は、大事です。

時間を確保する事が困難な時は、なるべく質のいい睡眠をとるようにしましょう。

寝る直前にスマホを眺めたりしない、パジャマの素材に拘るなど、十分な睡眠をとる環境を作る事から、考えてみましょう。

コラーゲンのまとめ

みなさんが気になっている、コラーゲンについて、書いていきました。

みなさんの周りの人に、いい印象を与える健康的なカラダは、日々の積み重ねが大変重要です。

コラーゲンを食生活に取り入れる場合は、自分自身の生活スタイルに合った、摂り方で、無理をしないで、続けてみて下さいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入って頂けたら、シェアして貰えると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする