タウリンの効果って何?多く含む食べ物と過剰摂取の副作用について


みなさんは、タウリンいうと、どんな事を思い浮かべますか?

おそらく、大方の人が、栄養ドリンクに、入っている疲労回復にいい成分という事を思い出すと思います。

CMや広告などの印象が強く残っていからかもしれませんね。

タウリンは、アミノエチルスルホン酸と言われる事から、アミノ酸の一種とされます。

アミノ酸ではないといった意見もあって、文献によっても、諸説あります。

タウリンは、肝臓の働きや疲労回復にいいと言われます。

その他の働きは、ないのでしょうか?

タウリンの効果や過剰摂取及、不足したことによる症状、タウリンが多く入っている食材を書いていきますね。

スポンサーリンク

タウリンの効能について

タウリンは、カラダの中でも、合成する事が出来ます。

カラダの中の合成分と、食べ物で、摂った分とを合わせて、色々な働きをしているという事ですね。

肝臓の働きをサポートする

タウリンの効果として、最も知られているのは、肝臓への効果でしょう。

肝臓は、500種類以上の働きをしているとされます。

代表的なモノは、アルコール分解や食べ物で、摂取した栄養を蓄積する働きや、脂肪の分解を補助する胆汁の分泌などがあります。

こういった働きをする肝臓は、沈黙の臓器と言われて、ちょっとした事では、疲労のサインを出したりしません。

しかし、その働きは、疲弊によりダウンしている場合があります。

この疲弊を改善してくれる働きがタウリンにあると言われます。

又、肝臓には、中性脂肪が溜まり易いとされますが、タウリンは、この中性脂肪をカラダの外に出す働きがあります。

疲労回復とストレス解消について

前述した通り、肝臓には、いくつもの働きがあります。

つまり、肝臓が疲れるとそれの働きに悪影響が出る事で、カラダの疲労に繋がります。

肝臓の疲れを回復させる事が、カラダの疲労を軽くする事になります。

又、カラダだけじゃなく、精神的なストレスにも効果があると言われます。

不安な状態を軽くして、精神を安定させる働きがある事から、天然の抗不安薬ともされます。

ホメオスタシスについて

我々のカラダは、外の変化に対し、いつも同じような状態に、保てるように出来ています。

暑さや寒さなどに対応出来るのは、この為ですね。

この働きをホメオスタシスと言います。

体温や血圧、呼吸などを正常な状態に、保持するよう、調整されています。

タウリンには、この働きを高めるよう補助する効果があるみたいです。

正常に保つよう、働く為、血圧や血糖値が高い人に効果的とも言われます。

糖尿病を予防する

血糖値もホメオスタシスにより、調整されています。

血糖値がコントロール出来るという事は、糖尿病の予防になるという事です。

タウリンは、とりわけ、血糖値に効果が高いとされます。

血糖値が高くなった時、インスリンを分泌するよう働きかけます。

血糖値と血圧がコントロール出来ると、糖尿病の予防に繋がります。

筋収縮を補助する

タウリンには、筋肉の収縮を補助する働きがあると言われます。

骨格筋や平滑筋と共にその働きがあると言われて、浮腫みや血液循環の改善にも期待が出来ます。

下肢の静脈血は、筋肉の収縮によるポンプ作用により、心臓にかえって来るので、その作用を補助するという事です。

又、心筋を補助する事で、血液循環が良くなり、血流不全による、動悸や息切れにも効果があるとされます。

睡眠を改善する

タウリンには、精神的なストレスを解消するのにも効果があるので、精神を落ち着かせる事で、不眠などの睡眠にも効果が期待出来ます。

夜中に目が覚めることが減ったり、朝起きてスッキリした感じが得られるとされています。

ただ、寝つきが良くなるという効果は、確認されてないようです。

ダイエット効果について

前述した、胆汁には、コレステロールをカラダの外に出す働きがあります。

つまり、肝臓が元気になり、コレステロールの排出をしっかりとしてくれるので、ダイエット効果を期待出来るというわけです。

筋肉の収縮を補助し、循環をアップさせる効果と合わせて、ダイエットにも効果的と言われています。

タウリンの過剰摂取と不足について

次にタウリンの過剰摂取と不足について説明しますね。

タウリンの摂り過ぎと副作用

タウリンは、カラダでは、微量しかつくられないので、食事をしても、過剰摂取する事は、殆どないと言われています。

気を付けないといけないのでは、サプリメントや栄養ドリンクですね。

タウリンそのものは、、摂り過ぎても尿として、外に排出されるのですが、一緒に摂るモノを摂り過ぎてしまう場合があります。

栄養ドリンクであれば、糖質カフェインなどを摂り過ぎてしまう事もあるでしょう。

それにより、吐き気や食欲不振下痢便秘などの胃腸の異常不快感を感じる事があるので、注意が必要です。

又、胃酸の分泌を促進する効果により、胃潰瘍の危険が上がったり、インスリン分泌を促す事により、低血糖を起こす場合もあるようです。

高血圧の人がタウリンを摂り過ぎると、その作用により、血圧が低くなり、摂るのを止めると、血圧が元に元に戻るといった事もあるようです。

これでは、カラダに負担をかけてしまいますよね。

さらに、タウリンには、天然のモノ(海洋生物など)と人工のモノ(化学物質を合成した物)があり、人工のタウリンは、生活習慣病やガンの発病などの危険性が指摘されて、使用禁止にしている国もあるようです。

タウリンの不足について

タウリンの欠乏症状は、効果の部分の裏返しなんです。

肝臓の働きが疲れにより、落ちるたりすると、カラダに悪影響が出ます。

解毒が上手くいかなくなると、新陳代謝が落ちて、太り易くもなります。

コレステロールが溜まり易くなって、生活習慣病の危険が高まったり、脂肪肝の危険も増えるでしょう。

スポンサーリンク

タウリンが多く入っている食べ物

タウリンは、1日あたり500mgを摂るのがいいと言われています。

ウリンは、魚介類に多く入っていて、とりわけ、牡蠣やサザエなどの貝類や烏賊、タコに多く含まれます。

食材100gあたり、

  • サザエ:1500mg
  • ヤリイカ:700mg
  • 真ダコ 900~1670mg
  • ホタテ 670~1100mg
  • 牡蠣 70~1180mg
  • カツオ 160~830mg
  • ハマグリ 550mg

ぐらいと言われています。

これだけ見ると、タウリンを摂る事は、簡単だと思うかもしれないですが、毎日、カラダに入れようとすると、大変です。

1回で、摂取するというより、少量ずつ、摂る事を心掛けた方がいいでしょう。

又、タウリンは、水溶性の為、煮汁などと併せて、摂るのがいいと思います。

せっかくの成分なので、逃さないように、摂取したいですね。

タウリンの効果は、根拠不足?

タウリンの効果や摂り過ぎや欠乏による症状、タウリンが多く入っている食べ物について書いてきましたが、どうでしたか?

タウリンの色々な効果をあげてきました。

しかし、タウリンの殆どの効果が科学的には、根拠が不足している事も頭に入れておきたいです。

効果がある事が認められているものもあれば、効果がない事が認められているものもあるんですね。

どんな人にも無条件にいいモノではないという事です。

元々、今現在の広告などは、誇大広告でないかと思われるものがあるような気がします。

ただ、効果がない事が証明された訳でもないので、実際に、調子が良くなった人もいるようです。

前述したように、自身のカラダで、合成される分と食べ物から摂った分とで、カラダの中でう上手い具合に働いてくれます。

サプリや栄養ドリンクで、過剰に摂る事はないので、日々の食事から、バランスよく摂取したいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入って頂けたら、シェアして貰えると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする