黒酢の効果が凄過ぎる!ダイエットにキク!血液がサラサラになる!


通販番組やテレビのコマーシャルなどで、黒酢の事を目にいた人もいると思います。

黒酢は、CMなどで、飲むと、元気になって、健康になる!と紹介されていたりしますね。

そこで、黒酢は、「元気になって、健康になる」以外にどういった効果があるのか、知っている人は、多くないのではないでしょうか。

この記事では、あまり知られていない黒酢の効果を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

黒酢って、そもそも何?

黒酢の効果を説明する前に、黒酢って、そもそも何なのか?について、説明しますね。

料理に使用する「酢」があります。

この酢は。「穀物酢」と言われて、麦やトウモロコシから出来ていて、スーパーなどで、安価に購入する事が出来ます。

又、それ以外に米から作る「米酢」と言われるものもあります。

米酢は、お寿司の酢飯に使用されています。

その米酢の一種が黒酢なんです。

玄米や大麦を原料にして、作られて、2~3年間、発酵・熟成させて作られる酢なんです。

時間がかかるものなんですね。

黒酢は、穀物酢と比較すると、

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • クエン酸

がたくさん入っているんです。

黒酢の凄い効果について

ダイエット効果について

どうして、黒酢がダイエットにいいかというと、前述した、黒酢に入っている、アミノ酸とクエン酸に効果があるからなんです。

アミノ酸は、基礎代謝を上昇させる効果があって、カラダに溜まった脂肪をエネルギーとして、燃焼させる働きがあるからなんです。

生き物には糖質と脂質をエネルギーへ変える、「クエン酸サイクル」というものがあり、クエン酸を摂る事で、クエン酸サイクルがきちんと働いて、糖質と脂質を効率的にエネルギーに変換する事が出来ます。

又、黒酢のビタミンとミネラルは、摂取した食べた物をエネルギーや血肉に効率的に変えるのを補助する働きあります。

黒酢は、アミノ酸の「脂肪燃焼効果」と、クエン酸の「クエン酸サイクル」の効果が期待できて、ビタミンとミネラルのエネルギー変換の手助けがある為、ダイエット効果があると言われています。

便秘と浮腫みを解消する効果

ダイエットをしていると、食事制限をして、食事の量を少なくすると思います。

しかし、食事量を減らすと、水分を摂ることも減ってしまいがちです。

水分の摂取が減ると、便秘になってしまう人もいると思います。

カラダの中の水分が減ると、カラダが便の水分も吸収してしまい、便が固くてなってしまい、便秘になります。

そこで、便秘になって場合に、役に立つのが黒酢なんです。

黒酢を飲んで、水分をカラダに入れるにもいいと思いますが、黒酢は、大腸を活発にする働きがあるのがいいんです。

又、黒酢は、アミノ酸がたくさん入っているので、便秘解消の効果と相まって、カラダの老廃物をカラダの外へ排出する効果もあります。

カラダに溜まった老廃物を排出出来るようになると、浮腫みの解消や予防になります。

カラダを脂肪燃焼させながら、便秘や浮腫みを改善させたいなら、黒酢は、うってつけでしょう。

生活習慣病を予防する

黒酢だけではなく、酢全般には、血液をサラサラにする効果があります。

血液がサラサラになると、動脈硬化を予防する事ができて、

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中

などの、生活習慣病を予防する事が出来ると言われています。

黒酢なら、アミノ酸の効果で、より、血液をサラサラにする効果が上がるのがいいですよね。

血管中の血栓を取り除く事が出来るので、生活習慣病を予防する効果は、他の酢より、高いとされます。

疲労回復について

私たちのカラダは、運動などをして、カラダを動かすと、「グリコーゲン」を消費します。

グリコーゲンとは、カラダのエネルギーを一時的に保つ為のものなんです。

グリコーゲンをカラダに溜める事で、カラダを活き活きと動かしたり出来ます。

グリコーゲンを補う効果があるのが、酢に入っている酢酸です。

酢を飲む事で、カラダを元気にして、疲れも早く回復する事が出来ると言われています。

そして、黒酢のアミノ酸は、疲れた筋肉を回復させるのに、とても大事なんです。

その上、運動する為の持久力をアップさせたり、疲れ辛いカラダにする効果もあります。

サッカーの試合中に、選手が摂るスポーツドリンクや、マラソン選手が飲んでいる飲み物もアミノ酸が含まれています。

選手達は、競技中に、アミノ酸をカラダに入れて、自身のパフォーマンスを高めようとしているのです。

仮に、アナタが疲労感を感じるような場合は、黒酢を飲んで、疲労回復に努めましょう。

冷え性を改善する

黒酢のアミノ酸の効果は、凝固した赤血球を軟らかくする働きがあるとされます。

赤血球が軟らかくなると、前述したように、血液がサラサラになって、カラダの隅々まで、血液が行き渡るようになります。

血流が良くなって、隅々まで、行き渡るようになると、カラダの先まで、温まるようになり、冷え性の改善が出来ると言われます。

冷え性は万病の元と言われます。

体温が下がると、免疫力も下がってしまい、様々な病気に罹り易くなるでしょう。

又、体温の低下は、脂肪の燃焼効果も下げてしまう事となり、太り易くなります。

病気になり易かったり、太り易いカラダにならないように、黒酢のアミノ酸が大切なんですね。

美容効果

黒酢には、女性に嬉しい美容効果があると、言われています。

その成分とは、以下になります。

  • セリン:皮膚のうるおいを与える
  • グリシン:保湿・酸化防止効果
  • スレオニン:コラーゲンの元
  • シスチン:染みを予防する
  • ヒスジチン:紫外線を吸収する

などがあります。

どの成分も、美容にいいモノばかりですね。

若々しい肌を維持したい人、肌の衰えが気になる人は、黒酢は、ホントにおすすめの飲料なんです。

スポンサーリンク

黒酢の効果的な飲み方について

ここまで、黒酢の効果を書いてきましたが、せっかく、飲むんでしたら、より効果的な飲み方をしたいですよね。

黒酢の効果をアップさせるには、どんな飲み方をするといいのでしょうか?

黒酢の摂取量について

黒酢は、1日に大さじ2杯(20~30ml)ぐらいを飲むといいと思います。

黒酢の飲み方について

黒酢には、決まった飲み方は、ないんです。

ただ、黒酢は他の酢と同じで、とても刺激が強いです。

黒酢をそのままで、飲まないで、水やジュースで薄めて、飲みましょう。

薄める量が多くなる場合は、何回かに分けて飲むのがいいと思います。

他の飲み物や食べ物と一緒に摂取すると、より高いダイエット効果や健康効果が得られるでしょう。

黒酢を飲むタイミングってあるの?

食事前は、黒酢を飲まないで方がいいでしょう。

お腹が空いている時に飲むと、食欲が増す効果がある為、その後、食べ過ぎてしまい、ダイエットには、逆効果になる可能性があります。

又、空腹時は、黒酢の酸が胃に負担をかけるので、止めた方がいいでしょう。

やはり、黒酢を飲むなら、食中から食後がいいでしょう。
食中から食後なら、黒酢の成分を十分に吸収出来て、黒酢のいい効果を得られ易いでしょう。

黒酢の摂り方いろいろ

黒酢の摂り方は、水などで、薄めたりして、飲むだけではありません。

黒酢を調味料などにして、料理に使う事で、料理と併せて、摂る事が出来ます。

又、酸っぱいモノが得意でない人は、黒酢を使ったサプリメントも、売っています。

サプリメントなら、黒酢の酸味を感じる事なく、黒酢の成分を吸収出来るので、試してみるのもいいでしょう。

黒酢は、ダイエット効果や健康、美容にいいわけなので、黒酢を摂らないのは、勿体ないですよ!

スポンサーリンク

この記事が気に入って頂けたら、シェアして貰えると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする