小豆ダイエットの作り方と効果と方法について徹底解説!


みなさんは、小豆ダイエットって、知っていますか?

小豆ダイエットは、小豆を食べるのではなくて、小豆の煮汁を飲むダイエットです。

この記事では、そんな小豆ダイエットについて書いていきますね。

スポンサーリンク

小豆ダイエットって、何?

小豆ダイエットとは、小豆の煮汁を飲む事で、カラダをスリムにする、ダイエット方法なんです。

食べるのではなく、飲むので、意外に思った人もいるかもしれません。

甘い小豆のお菓子を食べて、痩せる事が出来たら、楽チンだと思いませんか?

小豆を煮た事がない人もいるかもしれませんが、小豆はスーパーなどで、簡単に買う事が出来て、手軽に煮汁を作る事が出来ます。

ダイエットドリンクを買うより、早い効果が見込めるでしょう。

小豆ダイエット効果について

小豆ダイエットの効果って、いったい、どんなものがあるのでしょうか?

色々な効果があるので、小豆はとてもダイエット向きとも言えるでしょう。

脂肪をカラダの外に出す効果

小豆には、サポニンと言われる成分が入っていて、このサポニンには、余計な脂肪をカラダの外に、排出する働きがあります。

この為に、脂っこい物を食べ過ぎてしまった時も、カラダの中に、脂肪が蓄積するのではなくて、排出します。

水分をカラダの外に出す効果

小豆には、カリウムもたくさん入っています。

このカリウムには、余計な水分をカラダの外に出す働きがあります。

利尿作用というものですね。

顔や足が浮腫んでいる時などとりわけ、有効で、浮腫みを解消します。

糖が脂肪に変わるのを防ぐ働き

小豆には、ポリフェノールが入っています。

このポリフェノールには、食べた糖質が脂肪に変わるのを防ぐ働きがあります。

ポリフェノールの含有量は、赤ワインのおよそ2倍も多いとされます。

炭水化物を食べ過ぎてしまっても、脂肪に変わるのを抑えてくれる働きがあるんです。

アンチエイジング効果がある

ポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。

ポリフェノールは、この抗酸化作用で知られていますよね。

赤ワインが最も知られていますが、小豆には、その赤ワインのおよそ2倍もの、ポリフェノールが入っています。

この為、アンチエイジング効果がもあります。

便秘を改善する効果

小豆には、食物繊維が豊富に入っています。

小豆そのものでなくて、煮汁を飲んでも、食物繊維は摂る事が出来る為、便秘を改善する効果が期待出来るでしょう。

小豆ダイエットの方法とは?

小豆ダイエットの方法って、どんなものなんでしょうか?

小豆ダイエットは、食べるのではなくて、茹でて、茹でた煮汁を飲むダイエットなんです。

小豆ダイエットは、小豆汁ダイエット、小豆スープダイエットなどと言われています。

飲み方や飲むタイミング、飲む量を書いていきますね。

煮汁の飲み方

小豆ダイエットは、1日3回、煮汁を飲みます。

食後ではなく、食前に飲むようにしましょう。

飲むタイミングはいつ?

煮汁の飲むタイミングは、食事の30分ぐらい前までです。

食前ダイエットとも言われていて、満腹感が味わう事が出来て、食事の量を減らしていく事が出来ます。

朝食前は、多めに飲むといいと言われています。

飲む量は、どのぐらい?

煮汁の飲む量は、特別、決められていないです。

自分自身で、自由に調節しましょう。

食事をどのくらい食べるかで、調整するのがいいと思います。

スポンサーリンク

レシピについて

小豆ダイエットのレシピは、作り易い量で、書いていきますね。

量は、適度に調整して、作り置きしてもいいでしょう。

ボトルなどに入れて、冷蔵保存すれば、3日ぐらいは持ちます。

材料について

乾燥小豆50g、水400ml、塩を少し、お好みで、人工甘味料を入れるのもいいでしょう。

又、スープ風にしたい時は、コンソメを使用するのもいいと思います。

小豆の煮汁の作り方

ヤカンに水を入れ、火にかけて、沸騰させます。

魔法瓶などに、乾燥小豆を入れ、熱湯を入れます。

そのまま、約8時間ぐらい、そのままにしただけで、小豆に煮汁の完成です。

お鍋で煮出す方法

魔法瓶などがない時は、お鍋で茹でて、煮汁を作ります。

材料は、全く同じです。

お鍋に乾燥小豆と水を入れ、火にかけて、沸騰させましょう。

そのまま、煮詰めて、小豆が柔らかくなってくるまで待ちます。

柔らかくなったら、完成です。

小豆ダイエットの注意点とは?

小豆ダイエットで、注意する事は、どんな事があるのでしょうか?

ダイエットで、大事なのは、続ける事ですよね。

注意するところは、色々ありますので、書いて挙げていきますね。

飲み辛いときは、工夫しよう

小豆ダイエットは、煮汁が飲み辛い事で、途中で止めてしまう人もいるようです。

その時は、味付けを工夫しましょう。

甘めが好きな人なら、人工甘味料で、甘味を付けるのがいいと思います。

スープが好きな人は、コンソメ味を付けるといいと思います。

甘味を摂り過ぎないこと

小豆に、甘味を付けるのは、いいのですが、摂り過ぎたりしないようにしましょう。

直ぐに、カロリーオーバーになっていまいます。

人工甘味料もカロリーが全くないわけではないので、摂り過ぎないように注意しましょう。

飲み過ぎないようにする

小豆ダイエットは、1日3食の食前全てに小豆汁を飲むので、うっかりすると、量が多くなってしまう事があります。

ダイエットするのが目標なので、量を摂り過ぎないように、適量を心掛けるようにしたいですね。

余った小豆の用途について

小豆の煮汁を作ると、茹でた小豆が残ります。

毎日なので、たくさんの小豆が残ってしまうでしょう。

勿体ないと思うかもしれませんが、ダイエットが目的なので、捨ててしまうのがいいと思います。

食事制限も同時にしよう

小豆の煮汁を飲んでも、他の食べ物を摂り過ぎてしまったら、元も子もありません。

食事は、初めから、量を減らして、用意するようにしましょう。

食べたら、太ってしまうので、十分、気を付けましょう。

冷たい小豆汁を飲んだりしない

小豆の煮汁を作った場合に、冷蔵庫で保存することになりますが、この小豆の煮汁を飲む時は、室温に戻すか、電子レンジで、加熱して、温かくして、飲みましょう。

冷たいままだと、飲み過ぎてしまったり、食欲を増進してしまう事があるみたいです。

最も、量を抑制出来るのは、室温とされます。出来るなら、室温で飲むようにしましょう。

小豆ダイエットのまとめ

原料が小豆なので、カラダには、健康的で、良さそうな感じですよね。

嬉しい効果が多いのもいいですね。

作るのが、ちょっと、面倒だったりするので、継続出来るか心配な人もいると思いますが、簡単に煮汁は、作れるので、是非、試してみて下さいね。

ダイエットに成功して、スリムなカラダを手に入れましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入って頂けたら、シェアして貰えると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする