ヤクルト(シロタ株とビフィズス菌)は、下痢や便秘に効果的!がんの予防にもなる!


便秘解消の為、ヤクルトを飲んでいる方は、多いのでは、ないでしょうか?

しかし、毎日のように、ヤクルトを飲んでも、便秘がイマイチ解消されないといった方もいるでしょう。

この記事では、ヤクルトの効果的な飲み方を解説したいと思います。

スポンサーリンク

ヤクルトは、下痢や便秘に効果的なの?

「腸内フローラ」って、なんだか知っていますか?

人間のカラダの小腸から大腸にかけて、たくさんの色々な菌が種類ごとにグループを作って、腸内にいます。

それを顕微鏡で、見ると、植物の「お花畑(flora)」に見える事から、「腸内フローラ」と言われています。

腸内フローラにある善玉菌は、免疫力などを強くする効果があり、わたしたちの体調維持に深く関係していると言われています。

とりわけ、便秘や下痢の解消には、腸内フローラ内の善玉菌が不可欠とされています。

ヤクルトに入っている、乳酸菌のシロタ株は、胃の中の酸で、死なずに、生きたまま小腸へ到達します。

そして、小腸で、乳酸を作って、有害物質を作る悪玉菌の増加を抑えて、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にします。

これによって、便の水分量が正常化になり、排便回数も多くなったりします。

しかし、ヤクルトを摂るだけでは、便秘や下痢の解消が見られない時もあります。

そういう時は、どうしたらいいのでしょうか?

腸には、小腸と大腸がありますよね。

小腸は、胃から入ってきた食べ物の栄養の消化と吸収をするところです。

そして、大腸で水分を調整し、便を作るんです。

ヤクルトに、入っているシロタ株は、おもに、小腸で働きます。

反対に、ビフィズス菌は、おもに、大腸で働くんです。

そのため、便秘や下痢が解消しない時は、シロタ株とビフィズス菌のどちらも摂り、小腸と大腸へ乳酸菌を送った方が効果的なんです。

ヤクルトの効果的な飲み方について

ヤクルトに、入っている乳酸菌シロタ株は、胃酸に強い乳酸菌なのですが、シロタ株を効果的に小腸へ送るには、胃酸が少ない時に、摂ったがいいのです。

胃酸のように、乳酸菌に攻撃因子が少ない方がシロタ株を摂るのに効率的です。

効果的な飲み方は、食前よりも食後の方が胃酸が薄くなるので、ヤクルトは、食後に摂った方がいいと言われています。

乳酸菌製剤のビオフェルミンにも、食後に服用する旨が書かれてあるのは、この為です。

ヨーグルトなどの乳酸菌食品は食後に摂るようにしましょう。

ヤクルトを飲む事で、シロタ株が腸の中でどれぐらい生存するのでしょうか?

乳酸菌シロタ株を飲み始めると、早い人で、飲んだ次の日には、便に生きたシロタ株が認められます。

又、毎日、服用することによって、腸内の菌の数が一定になるのが証明されていて、体調を維持するのに有効的です。

ヤクルトに、入っているシロタ株は、腸の中に定着しないため、飲むのを止めると、一週間ぐらいで、腸内から、なくなってしまうので、ヤクルトは、毎日飲み続ける事が大事なんです。

又、風邪などで、抗生物質を服用する時は、注意が必要になります。

抗生物質は、黄色ブドウ球菌などの風邪の二次感染の原因になる細菌を死滅させるのですが、それと同時に、シロタ株やビフィズス菌などの乳酸菌も殺してしまうので、抗生物質を服用する場合は、抗生物質を飲む2、3時間前後に飲むようにすれば、少しは、抗生物質の影響を受け辛くなると思います。

スポンサーリンク

ヤクルトのシロタ株はガン予防になるの?

ヤクルトのシロタ株は、TVのコマーシャルなどがありますよね。

その為、「カゼイ菌=シロタ株」と思っている人も多いのかもしれません。

しかし、シロタ株は、カゼイ菌の中の一つに過ぎないんです。

カゼイ菌は、シロタ株以外に、「NY1301」、「BC90株」などがあります。

とりわけ、シロタ株は、歴史が長くて、たくさんの効果が確認されています。

又、シロタ株には、抗変異原性というものがあって、食べ物由来の変異原性を減らす効果があると言われています。

変異原(へんいげん)とは、生物の遺伝情報に変化を起こす効果がある、物質や物理的作用をい指します。

変異原性が直ちにガンに結びつくわけではありませんが、変異原性と発がん性の関係性は、70%~90%ぐらいあるとされています。

食べ物由来の変異原性を減らす事を期待出来るので、食べ物が原因になる発がん性の危険を抑制する効果があると言われています。

抗変異原性があるシロタ株を飲む事で、食べ物由来のガンのリスクを抑制する効果を期待できるでしょう。

ヤクルトのまとめ

腸内フローラを整える事で、色々な病気の免疫力がアップする事が認められています。

乳酸菌も菌の種類によって、小腸で働くモノや大腸で働くモノがあります。

乳酸菌を効率的に摂る事は、体調維持にとても効果的です。

風邪を引き易い方や花粉症の人は、自身の腸内フローラを健康的な状態する事をオススメします。

驚くような効果があるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入って頂けたら、シェアして貰えると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする