くるみ(胡桃)の効果が凄過ぎる!ダイエットや疲労回復やメタボにもキク!!


くるみ(胡桃)は、海外では、昔から、親しまれてきた食べ物ですが、最近は、日本でもメディアなどで、健康に良くて、ダイエットにも効果的!というように健康食品として紹介されるようになりました。

くるみ(胡桃)にはどういった効果があるのでしょうか?

くるみは、とても栄養価が高くて、色々な効果があるんです。

スポンサーリンク

くるみ(胡桃)の効果について

くるみが人間の健康に与える効果は、

  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 抗酸化作用
  • 神経を落ち着かせる
  • 滋養強壮
  • 皮膚の代謝を促す

これらから、くるみの具体的な効果を書いていきますね。

血液をサラサラにする

くるみには、悪玉コレステロールを減少させるn3系脂肪酸のα-リノレン酸とn6系脂肪酸のリノール酸という、必須脂肪酸がたくさん入っています。

n3系脂肪酸とn6系脂肪酸は、比率が重要なんです。

くるみは、1:4(n3系脂肪酸:n6系脂肪酸)の比率になっているので、血栓が出来辛く、血液がサラサラになり易いです。

くるみ以外の食べ物によって、前述した比率が崩れてしまう事があります。

そうなると、逆効果になってしまうときがあるので、血液をサラサラにする効果を上げるには、食事のバランスを考える必要が出てきます。

血行をよくする

くるみに、入っているα-リノレン酸の血液をサラサラにする効果により、血流が良くなって血行を促す効果があります。

血圧を下げる

くるみの有効成分である、α-リノレン酸は、血液をサラサラにし、血行をよくします。

そうすると、血圧も下がる効果もあります。

動脈硬化を予防する

動脈硬化の原因は、悪玉コレステロールが血管内に付着して、それらが、酸化する事によって、血管を狭くして、弱くするからです。

くるみには、α-リノレン酸が入っている為に、動脈硬化の原因である悪玉コレステロールを減少させて、善玉コレステロールを増加させる効果があります。

あと、くるみには、ビタミンEなどの抗酸化物質がたくさん入っているため、血管に付いたコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の予防に効果があると言われています。

高血圧を予防する

高血圧の原因は、動脈硬化とドロドロの血液なんです。

くるみは、血液をサラサラにする効果と動脈硬化を予防する効果があるので、高血圧の予防にもなります。

心筋梗塞を予防する

心筋梗塞とは、心臓内の血管が詰まってしまい心臓がしっかりと動かなくなる病気です。

心筋梗塞の原因は、この動脈硬化や血栓が深く関係しています。

くるみは、血液をサラサラにする効果と動脈硬化を予防する効果があるので、心筋梗塞の予防になると言われています。

脳梗塞を予防する

脳梗塞とは、脳の血管に損傷が起こって、脳機能がしっかりと働かなくなる病気です。

脳梗塞の原因は、動脈硬化や血栓です。

くるみには、血栓を予防する、血液サラサラ効果と動脈硬化を予防する効果があるので、脳梗塞の予防になると言われています。

糖尿病改善をする

糖尿病は、血液中の血糖値が常に高くなってしまい、腎臓の機能が低下したり、神経に異常が生じたりする病気です。

くるみは、直接的に、糖尿病にいい影響を与える事はないです。

ただ、くるみは、栄養価が高いわりに、糖質含有量が低いので、糖質制限をする糖尿病治療において、効果的に栄養を摂る事ができます。

又、糖尿病は、動脈硬化を引き起こす場合があるので、これらを防ぐ、オメガ3系の脂質を低糖で、摂る事が出来るので、くるみは、非常に貴重な食べ物なんです。

肥満を予防する

くるみに、入っているα-リノレン酸は、LDLコレステロールや中性脂肪を減少させる効果があります。

又、くるみには、植物性たんぱく質と食物繊維がたくさん入っているので、肥満の予防に効果があると言われています。

くるみは、高カロリーの食べ物ですが、糖質が低い為、太り辛い食べ物とされます。

ただ、食べ過ぎたり、糖質の多い食べ物と併せて食べると、反対に肥満の原因になっていまうので、気を付けましょう。

ダイエット効果

前述した通り、くるみ胡に、入っているα-リノレン酸や植物性たんぱく質、食物繊維などにより、ダイエットに効果があります。

又、くるみは、栄養価がとても高くて、高カロリーのわりに、糖質が低いので、太り辛い食べ物です。

ダイエットで、食事を制限する場合に、効率的に栄養が摂れる食べ物という事なんです。

メタボリック・シンドロームを予防する

メタボリック・シンドローム(メタボ)とは、脂肪型肥満などの、生活習慣病の危険が高い状態を指します。

くるみには、悪玉コレステロールを減少させる効果や肥満を予防する働き、糖質が低いなど、メタボを予防するモノがたくさんあります。

それに、生活習慣病の危険も減らす効果があるとされます。

滋養強壮効果

くるみは、およそ60%が脂質なんですが、その他にも、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどをたくさん入っています。

又、エネルギー源として、カロリーも高いので、コレステロールを減少させて、血流を良くする効果もあるので、滋養強壮や虚弱体質を改善する効果があると言われています。

とりわけ、くるみは、消化吸収がいいので、高齢者や子供の体力回復に効果があるとされます。

疲労回復促す効果

くるみは、栄養価が高く、疲労を回復させるビタミンであるビタミンB1がたくさん入っています。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変え、疲労物質である乳酸を分解する働きがあります。そのためクルミには疲労回復の効果が期待できると言われます。

不眠症を改善する

くるみは、不眠症などのときに効果があると言われています。

くるみを食べると、神経の緊張が解れて、寝付きが良くなったりします。

これは、くるみに眠りに誘うホルモンのメラトニンを分泌する効果があるからです。

クルミには、メラトニンの元となる、トリプトファンというアミノ酸がたくさん入っています。

これが、メラトニンの分泌を促すと言われています。

他には、くるみに、たくさん入っているカルシウムやビタミンB1も神経をほぐす効果があります。

集中力が上がる効果

くるみに、入っているα-リノレン酸の一部は、カラダの中で、DHA(ドコサヘキサエン酸)に変ります。

DHAは、脳の伝達神経に作用して、脳機能を上げる効果があります。

又、クルミにたくさん入っているビタミンB1は、脳の栄養の源であるブドウ糖を燃焼して、エネルギーに変える効果があるので、脳機能の向上に繋がると言われています。

認知症を予防する

DHAが認知症の予防に効果があるのは、よく知られています。

くるみに、たくさん入っているα-リノレン酸の一部は、カラダの中で、DHAに変わる為、認知症に有効的です。

又、クルミには、ビタミンEやミリセチンという抗酸化物質がたくさん入っています。

これは、脳の酸化を抑さえて、脳の健康維持を促します。

あと、クルミには、コリンやトリプトファンという、脳神経に作用するモノも入っているので、認知症を予防したり、認知症の症状を緩和する効果があると言われています。

便秘を解消する

くるみには、食物繊維がたくさん入っているので、便秘解消にも効果的です。

又、脂質がたくさんあるという事は、排便を円滑にする効果もあると言われています。

とりわけ、クルミには、蠕動運動を活発にさせる作用がある為、便秘の中でも、「弛緩性便秘」を改善するとされます。

くるみを食べ過ぎたり、酸化して、古くなったくるみを食べると、反対に下痢になったりするので、気を付けましょう。

美肌を促す効果

くるみは、中国でも、古代から美肌に良いと言われてきた食材です。

事実、くるみには、美肌効果があるものがたくさん入っています。

美肌に、最も大切なのは、肌のターンオーバーなんです。

そして、肌のターンオーバーに不可欠なのは、たんぱく質、血行、代謝機能です。

くるみには、植物性のたんぱく質、血行を良くする、α-リノレン酸と抗酸化物質、代謝を促す、ビタミンB1、ビタミンB2、ミネラルが入っています。

この為、くるみは、肌のターンオーバーを促す効果があると言われています。

又、くるみの抗酸化作用は、肌の老化ややしみ、皺を減らし、肌荒れの原因になる、便秘や不眠症、ストレスなどを予防する働きもあって、美肌に効果的な食べ物と言えるでしょう。

健康な髪の毛を作る効果

くるみには、美肌効果と同じで、美髪効果もあると言われています。

くるみによる、美髪効果の根拠は、美肌効果とほぼ同じです。

たんぱく質を供給して、血行を促し、代謝が上がる事で、美しい髪の毛になり易くなります。

あと、不眠症やストレスを減らす効果は、抜け毛を防止すると言われています。

アンチエイジング効果

老化の原因は、色々なモノがありますが、大きな原因の1つが「酸化」です。

アンチエイジング(老化防止)における大切な栄養素の1つは、抗酸化作用を持っている抗酸化物質です。

くるみは、抗酸化作用が強いとされるナッツ類の中でも、特にたくさんの抗酸化物質が入っている食べ物と言われています。

又、クルミには、脳機能の上げたり、美肌の効果があります。

ガンを予防する

くるみは、ガンの予防にも効果的とされます。

くるみを食べるとガンにならないと訳では、ありません。

くるみのガンに対する効果ある根拠もまだ、分かっていません。

しかし、くるみがガンの発生と進行を遅らせる研究もあるようです。

これは、くるみに、たくさん抗酸化物質が入っているからだと言われています。

ボケを防止する

医学的な根拠があるわけではないですが、昔から、殻付きくるみを2粒手に持って、手の平で、回したりする事で、手の平や手先の神経を刺激して、引いては、脳を刺激するので、ボケ防止になると言われたりします。

くるみまとめ

くるみを定期的に食べる事で、病気が予防できたり、肌の状態が改善したりして、ホントに優れものの食べ物ですよね。

ナッツ類は、食べると止まらなくなったりしますが、カロリーも高いので、食べ過ぎは、注意しましょう。